からかい上手の高木さん

ニュース

MENU

2017.12.26

『からかい上手の高木さん』ヒット祈願@高木神社レポート

本作の放送に向けて、作品名に因んだ「高木神社」(東京・押上)にて、赤城博昭監督、高木さん役の高橋李依さん、オープニングテーマ『言わないけどね。』を歌う大原ゆい子さんほかスタッフが参加し、ヒット祈願を行いました。厳かな雰囲気の中で祈祷を終えたスタッフ・キャスト陣からのコメントもいただきました。



―ヒット祈願を終えての感想をお聞かせください。
赤城監督
「高木神社ということで本当に驚きとあやかりたいという思いでいっぱいです。」

高橋さん
「1月から始まるということで年末年始の「来年頑張るぞ」という意気込めるタイミングで高木神社と巡り会えたことが嬉しかったです。高木神社でヒット祈願があったということを知ってアニメの「高木さん」を観てみようと思ってくれたり、高木神社へ行ってみようと思っていただけたら嬉しいです。あと全国の高木さんに幸せになって欲しいなと思いました(笑)。」

大原さん
「ヒット祈願には初めて参加させていただいたのですが、願いを込めてお参りをさせていただきました。そして高木神社にある「おむすび(※)」がとても可愛く、また来たいなと思いました。」

※高皇産靈神(タカミムスビノカミ)を祀っている高木神社では「おむすび」モチーフの絵馬やお守りがある。

―『からかい上手の高木さん』の印象・魅力についてお聞かせください。
赤城監督
「初めて読んだのは『掃除当番』のお話だったのですが、ラストのほうで空気感が変わる高木さんの台詞に魅了されました。そこから西片・高木さんの世界観を観ていきたいと思い読み続けています。」

高橋さん
「初めて作品を読ませて頂いたときに一瞬で引き込まれる世界観だと思いました。その世界を自分たちがTVアニメとして作ることができるということが何よりも嬉しいです。原作の素敵な空気を観ている皆さんにどうにかしてお届け出来たら良いなと思っています。あと原作の魅力を引き出しているのは西片かなと思っていて、高木さんの魅力は西片だと思います(笑)。」

大原さん
「もともと原作を読んでいて好きな作品だったのですが、自分が主題歌を歌わせていただけるとは思っていなかったので本当に嬉しく思いながら曲を作らせて頂きました。いち視聴者としても放送を楽しみにしています。」

―制作にあたり拘っている点を教えてください。
赤城監督
「物語は西片目線で進んでいるのですが、作る際は高木さんの目線を意識して、高木さんを愛でる感じで描いています。『あしたは土曜日』のトリオも面白く絡まって楽しい作品になっていると思います。」

―アフレコ現場の様子を教えてください。
高橋さん
「構成が細かくパートごとに別れているのですが、ひとパートのテストが終わるごとに皆さん「ふ~、痒いね」とニコニコな笑顔をみせていたり、田辺先生役の田所陽向さんが「うらやましい、先生も参加したい」とおっしゃるぐらい西片くんと高木さんの空気感を皆で楽しいでいる感じです。アニメ上では二人の空気感なのですが、収録現場では皆に見守られながら収録をしています。」

―OPテーマを作詞作曲をするにあたり意識した点、聴き所を教えてください。
大原さん
「作る前にスタッフの方とお話をさせていただいたり、原作も改めて読んで、青春感のある跳ねたメロディ、思わずスキップをしたくなるような音のイメージや、高木さんは西片くんには好きと言わないので、その絶妙な距離感・ニュアンスを大切にして曲にしました。若い方から年配の方まで口ずさめるようなキャッチーなフレーズを意識しているので、そこを聴いてほしいです。」

―ファンの皆さんへメッセージをお願い致します。
赤城監督
「とにかく楽しいフイルムを作っています。からかう高木さん、からかわれる西片くんを面白くニコッと笑えるような作品にしますのでよろしくお願いします。」

高橋さん
「沢山のスタッフの皆さんがどうしたらからかい上手になるのか、どんな風に見せていこうかということを練りに練って30分に凝縮し、1クールを走り続けるということで、毎週絶対に楽しんでいただける作品が出来上がると思います。見守っていただきつつ、たくさんからかわれてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。」

大原さん
「いちファンとして視聴者の皆さんと放送を楽しみつつ、楽曲を通して『からかい上手の高木さん』を広めていけたら良いなと思っています。よろしくお願いします」

一覧に戻る